スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電所

風車

 初めて風力発電所の近くに行った。
 遠くからは見たことはあるが、近くは初めてだ。
 これが廻って電気を造る。

 風力発電用の風車は騒音がひどく、公害だ。と聞いていた。
 信じていた。
 「そばに行くとうるさいのだよ」と僕も連れ合いに言った。何度も報道で聞いていたから疑いもしなかった。

 そばに行った。
 大きいな。70メートルあるそうだ。
 風車はゆっくり廻っている。

 ん? 音がしないぞ。
 変だな! 音がしないぞ。

 あんなに報道番組で〝識者〟が言っていたのに、音が聞こえない。
 真下まで行ってみた。
 かすかに風車の廻る音が聞こえる。
 もし、この音が識者の言う騒音レベルなら、自動車や電車の音の方が大騒音。

 風力発電用の風車は静か。
 そうだったのか! これを公害扱いしないと原発チームが困るからだったのか。
 よくわかった。ついでに識者や評論家のレベルも。

 そんなことも、よくわかった一日だった。

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

復興書店 Revival & Survival

 「復興書店」というWEB書店が出来た。
 島田雅彦が中心となって立ち上げたそうだ。
 作家がサイン本をネット上に出品する。読者が買う。その売上げを義援金として被災地に寄付するという仕組みだ。

 島田雅彦は、
 「文学の生命力を震災からの復興に役立てることができれば、作家冥利に尽きます」
 という。

 歌手は歌うことで、芸人は人を楽しませることで、被災された方を励まし、支援する。
 だから作家は手持ちの本で支援する。
 いいことだ。

 ぼくもできれば、ソフトバンクの孫さんのように100億円くらい義援金をポンと出したいが、今のところ手許に100億円はない。もうすぐ出来るかもしれないが、今は、ちょっと足りない。

 ぼくの出来た義捐活動。
 街頭では、100円玉を5、6回、箱に入れた。
 ある会で袋が廻って来たので千円入れた。友人が見ていたから。もったいなかった…
 お祭のとき、酔っていたせいもあり、2千円も渡した。ああ~
 町内会が義援金を、というので、200円渡した。

 恥ずかしいがこれで全部。

 今度は復興書店で本を買ってみる。
 俵万智は売り切れだった。ほかに、高橋源一郎、吉本ばなな、柳美里、などが出品している。
 
 HPは、
 http://www.fukkoshoten.com/

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

清水次郎長と次郎長地蔵

次郎長地蔵

 『清貧おやじ』さんのブログを見ていたら、森の石松の墓に参って来たという。
 ぼくは触発されて、清水次郎長の「次郎長地蔵」へ行って来た。
 久しぶりだった。
 地蔵のあるのは半田市乙川の光照寺。その境内にある。
 この辺り、乙川は、次郎長と保下田の久六が決闘した場所。ここ光照寺は久六が息を引き取った所だ。

 次郎長側は、大政、森の石松、緒川の勝五郎の4人。
 久六側は7名いたという。

 チャンチャンバラバラの末、次郎長側の圧勝。
 久六は仕留めたが、次郎長の方は役人に追われ、これより数年は全国を逃げ回るはめになったという。

 こんな話のネタは『次郎長と久六』(西まさる著)からだ。
 その西さんが、この6月19日、半田市の乙川公民館で
 「次郎長と知多半島の子分たち」を講演するというから聴きに行くつもり。

 ちなみに次郎長の妻・お蝶も、次郎長の養女・おけん もここ乙川村の人だって。知ってた?



唐人お吉 「♪お酒だよ~ お酒をおくれ」

唐人お吉像

 久しぶりに南知多方面に行った。
 いいところだ。ぼくの好きな空気がどこかにある。

 唐人お吉の生家跡、生家の墓、写真の碑が残っている。

 お吉(斎藤きち)は7、8歳でこの地を離れ伊豆の下田に移住した。
 そして生計を助けるため芸者に。下田随一の美人芸者、超売れっ子になったという。

 時は幕末。黒船でハリスがやってきて下田に駐留。開国を迫っていた。

 その交渉の段階で〝道具〟に使われたのが美人芸者お吉だった。
 ハリスの許に贈られたのである。有無を言わさぬ国策「お国のため」の一言であった。

 だが、たった3日でハリスの所から帰された。その訳は諸説あるが… ともかく返品!
 返品された芸者に世間の目は厳しい。
 「毛唐と寝た女」「唐人お吉」と揶揄されたのである。

 そうなるとお吉の逃げ場所はお酒。酒びたりの毎日となる。
 やがて乞食のような姿で街を徘徊するお吉。

 「お酒だよ、お酒をおくれ~」

 お吉は淵に身を投げて自殺。
 国策に利用しようとした幕府に殺されたのか、世間の風に殺されたのか。
 なにやら、やるせない話である。

テーマ : 詩・ポエム - ジャンル : 小説・文学

花筏

花筏
花いかだ


 友人が川崎市の某所で撮った「花筏」の写真を、「一人で観るのはもったいない」と送ってくれた。
 ぼくも一人で観るのがもったいないので、ここに載せる。

 花と水、花の流れ。

 幸せなのか無常なのか…
 観る人次第ですな。


テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。